スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の電力需要ピークに備えて…

暖房も冷房も使わないで済む時間が多い、この時期…

節電の効果もあって、6月3日までは一応、停電ナシと言う方向で報告してるみたいですが、

これから暑くなるにつれ、電力の需要がピークを迎えそうです。


計画停電の時には、ライトやランタン類が品切れ状態になり、

オークションサイト等では、普段、普通に入手できる金額の倍の値段で取引きされてました。


現在では、夏場の猛暑に万が一、停電になるような事になればと、

充電式、電池式の扇風機や、電池、冷涼効果のある布団などが高額で取引きされてるみたいです。



小さい子供の居てる家庭では、部屋が暗くなると子供も怖がりますし…

暑ければ寝苦しくて、睡眠不足や体調不良になったり…

最悪の場合、熱中症になってしまったりと、不安要素だらけだと思います(´;ω;`)ウッ…


そこで、知ってる方も居られると思いますが…

もし知らない人が居てたらと思って記事にさせて頂きました。




釣りで使うゴムボートやアルミボートなどでよく使われる、

電気で推進力を得る『エレキモーター』って言うのがあります。


そのエレキモーターを動かすのに、充電式のバッテリーがあるんです。

釣具屋さんとかに売ってます。

IMG_5214.jpg

こんなヤツ(^^)

家のコンセントで充電できるので、停電じゃない時に充電して置いておきます。







IMG_5215.jpg

バッテリーにクリップを繋げて、スイッチをオン!にすれば、充電が始まります。

メーターに電池の残量が表示され、充電完了すれば勝手に止まってくれます。







IMG_5216.jpg

コチラはバッテリー。

無極チャージャーの充電器なので、プラス・マイナス関係なく、どちらでも挟めます。


完全に密閉されているので、液が漏れたりする事もありません(^^)

でも衝撃を与えたり、破損していれば別なので^^; 乱暴な取り扱いにはご注意下さい。


ハイドロメーターが付いているので、良好・要充電・要点検などの見分けもつきます。

しかし、このバッテリーは車と同じでDC(直流)12Vなんです。







そこで、このインバーターの出番になります。

IMG_5217.jpg

このインバーターでDC12VをAC(交流)100Vに変換する事ができます。


乾電池やこのバッテリーのように、プラスとマイナスが単一なのが直流(DC)

家庭用コンセントのようにプラス・マイナスが高速で入れ替わり、

気にせずどちらでも挿せるのが交流(AC)になります。


関東・関西で50Hz、60Hzと電化製品で分かれているのは、対応する発電機の違いで…

50Hzは1秒間でプラスとマイナスが50回入れ替わっているから50Hzに、

1秒に間に60回入れ替われば60Hzなります。

周波数が違えば、電化製品は正しく作動しない事もあります。


じゃあ何で関東と関西と統一されてないかと言うと…

発電機が輸入されてきたのは明治時代で、関東は50Hzのドイツ製、

関西は60Hzのアメリカ製が輸入されて、今もその流れがあるみたいです。


だから、関西の電力は変電所を通じて、50Hzに変電しないと関東に送電できないみたいです。

うる覚えだったので、軽く検索してから書きましたが、間違えてる部分があればスミマセン^^;



話が逸れてしまいましたが…

先程のインバーターはシガーライターソケット用のインバーターだったので、

バッテリーに使用できるようにクリップへ交換しました。

IMG_5218.jpg

シガーライターの先端に繋がっている配線がプラスで、横に繋がっているのがマイナスです。

このインバーターは、シガーライターソケット用の小容量のモノですので…

あまり改造とかオススメできません^^;

手を加える場合は自己責任でお願いします。



シガーライターソケットようのインバーターを、バッテリーに直結できるように改造したのですが…

後日、こんなのを見つけました。

IMG_5219.jpg

ソケットをバッテリーに直結できるカプラー( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

わざわざクリップ買って来て、交換しなくて済んだのに。。。







IMG_5220.jpg

気を取り直して・・・バッテリーに繋げると、デッカイ電池のコンセント完成です!

コレで停電中も家庭用コンセントの電化製品が使えるようになります。


とは言っても、容量はインバーターの性能によって変わります。

このインバーターは定格150wで最大出力は180w(瞬間最大400w ※3秒以内)の小さなモノ。

車に積んでるのは定格500wの大容量のモノを使用しています。


3万円くらいするインバーターを買えば2000wとかも利用できるので…

電子レンジとかも使えます^^;

その分、電力の消費も激しいので、バッテリー2連結とか工夫も必要になります。


で、電力を抑える為に購入したのが、この40wのクリップライト

IMG_5221.jpg

40wの電球を、3.4wの超省エネLED電球に替えてます。

それだけで消費電力を1/10に抑える事ができます(〃▽〃)







部屋の電気を消して、3.4wのクリップライトでバッテリーを照らしてみると…

IMG_5223.jpg

どうですか(^^)?

部屋が真っ暗になっても、これだけ明るくなります。







電気を点けた部屋がコレで…

IMG_5227.jpg






電気を消して、クリップライトで照らしてみると…

IMG_5225.jpg

あまり変わらないでしょ(^^)

ランタン一つで暗い部屋に居てるよりも、この方が小さな子供も安心できるかと思います。


携帯電話も充電できますし、起動電力さえカバーできればテレビだって見れます。

もちろん扇風機も利用可能になりますし、同時に卓上ライトなんかも使えます♪

IMG_5228.jpg

この小型扇風機だけなら消費電力は19w。1日中つけたままでも大丈夫です。


LEDライトなんか1~2週間点けっぱなしでも大丈夫じゃないでしょうか。

バッテリーの老朽具合にもよりますけどね^^;

でも電池の買い溜めもしなくて済むし、イロイロ用途もあるのでオススメできます。


たとえ停電が行われなくても、アウトドアやレジャーにも活用できます。

電気毛布20wだって使用できますし…

オートキャンプ場では、電源付きサイトにこだわる事もなくなります(笑)

釣り場で宴会する時も大活躍してます(^^)


以前、紹介した『車で快適電源システム』も一度ご覧になってみて下さい(* ̄∇ ̄*)
関連記事

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

tag : 充電器 バッテリー インバーター 計画停電

コメントの投稿

非公開コメント

zusyanさん

エレキバッテリーはでっかい電池と一緒ですからね!
エンジン切ったまま携帯充電できたり、
夏場は木陰で扇風機回して昼寝したり重宝しますよ(* ̄∇ ̄*)

アウトドアグッズも釣り道具と同じで自己満足ですよ^^;
上をみればキリがありません…

おかげで財布の軽量化に成功しております(笑)

にゃりさん

車の中も日々使いやすいように進化してってます(笑)

もうデッドスペース無くて困ってます^^;

タコドンさん

お役立ち間違いないですよコレは(^^)
ホンマ重宝してますから(笑)

と言ってもボクのスタイルにピッタリだけなのかも知れませんが^^;
電気はあれば何かと便利です。

たまものの情報は・・・
しらない人には有益な情報でしょうね^^;

ありがとうございます(笑)

No title

家にもエレキ用のバッテリーがありますが・・・最近は使用してません(^^ゞ
なのでちゃんと充電しておこうと思います。
色んな用途に使えますね!!
なかさんの影響でアウトドアグッズが増殖中です!!
高級品ではないですが(^^ゞ

No title

さすが車中泊の達人!^^

ためになる記事ですね♪

No title

その手の便利グッズやアイデア術、なかさん、むっちゃ得意ですね

あちこちで電池が売り切れてますが、いざ、夏本番になって停電したら・・って考えたら、今回の情報はお役立ち情報ベスト1ちゃいますかね♪

さすが、今までの遠征や釣行のたまものです。

ちなみに「たまもの」は「玉物」ではなく「賜物」って書くって情報は・・・必要ないですかね(;´゚∀゚`)
My PHOTO

PHOTOHITOブログパーツ

プロフィール

なか

Author:なか

釣り、写真、
登山、キャンプ・・・

好きな時に好きな事を。


Supported by

ヤマリア

バリバス


以前のブログはコチラ
【F-style】


ブログ内の画像、文章を無断で転載・使用する事はご遠慮下さい。

リンクはフリーです。

カテゴリ
花 (4)
Twitter
TweetsWind
Real Tide
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ご訪問者の足跡♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。