スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上高地から北アルプス登山!

8月に入ってから、すっかり頭は登山モード。

準備や情報収集に忙しくて、すっかりブログも放置してしまいました^^;

訪問して頂いてた皆さん、申し訳ございませんでしたm(__)m


8月11日(土)、仕事が終わればそのまま上高地へ走る予定でしたが、

天候が思わしくないので様子を見る事にしました。


12日(日)の朝に槍ヶ岳へ行ってるお偉いさんから『今どのあたりに居てるんですか???』

と電話があり、『天気悪そうなんで様子見てるんですよ^^;』と伝えると…



『えーーー!さっきまで槍の山頂居ましたけど、快晴でしたよ!』

『昨夜は少し雨降ったんですけど、朝からは大丈夫でした』と( ゚∀゚)・∵. グハッ!!


ツイッターでお世話になっているセイジさんも3日程前に下山してきて、

表銀座~槍ヶ岳~上高地の縦走写真を見せてもらい、ウズウズしてる所にこの連絡。。。


見たからって天候が変わるワケじゃないけど、何回も何回も何回も何回も見直した天気予報では、

安曇野方面【曇り/一時雨】との予報。


休みの日も限られてるし、雲の切れ目から景色も拝めるかも知れないし…と都合の良いように解釈し、

嫁さんと息子に『行くぞー(`・ω・´)シャキーン』と当初予定していた1日遅れでの出発となりました。


これが悲劇の始まりになるとは…(笑)

IMG_6805.jpg

12日(日)の夜に出発し、上高地へのバスが出ているアカンダナ駐車場へ到着。

上高地へはマイカーでは行けないので、バスに乗り換えないといけません。


アカンダナ駐車場は収容台数850台、料金は1日500円。

西日本側から来られる方はアカンダナ駐車場、

東日本側から来られる方は沢渡(さわんど)駐車場が便利なようです。


アカンダナ駐車場の営業時間は、4:00~18:00(多少前後があり)

夜中に着いても入れないので、注意が必要です。






アカンダナ駐車場の階段を降りると、バスターミナルがあります。

IMG_6806.jpg

上高地行きの始発は4:50分だったのですが、思ったより到着に時間がかかってしまい…

5:50発のバスに乗り込みました。


上高地までは大人往復2000円(片道1130円)我が家は×3で6000円

30分くらい乗るだけですが結構します^^;


近くにタクシーが停まってますが、上高地まで定額4500円(片道)だったかな?

当たり前ですが、バスの方が安いです。










IMG_6808.jpg

何とか持ちこたえていましたが、バスに乗り込んだ途端の雨

何もこのタイミングで降らなくても^^;










IMG_6810.jpg

バスの中はこんな様子。

荷物(ザック)はバスのサイドにあるトランクに入れてもらえましたが、

後から乗り込んで来られた方は、抱えて乗らないとダメでした。

席が埋まってくると補助シートにも座らないといけないので、結構窮屈です。

平湯ターミナルからも乗れますが、アカンダナから乗った方が良いでしょうね^^;










IMG_6811.jpg

上高地バスターミナル到着。


バスから降りると荷物(ザックなど)常駐している車掌さん?が降ろしていたのですが、

あきらかに雑に扱われ、引きずり降ろして地面に放置状態。

我が家のザックは上下も向きも関係なく転がっており、

クロックスを留めてたプラスチックの留め具が折れてるじゃないですか!


『あれ!?コレ折れてるやん!?』と嫁さんと話していると、

折ったであろう本人が近くで聞いていたようで『壊れやすい物は外しておいて下さいネ~』と。

その傲慢な態度に腹が立って…

『荷物積む時に説明してたら外すやろがっ!』とクレーム言いまくってやりました凸(゚Д゚#)

これで、あの車掌もこれから少しは荷物を丁寧に扱うでしょう(笑)










IMG_6813.jpg

雨が降ったり止んだりで、様子を見る登山者も多数。

売店で腹ごしらえしたり、レインウェアに着替えたり、人それぞれ。

我が家も腹ごしらえして、カッパ着て出発する事にしました。










IMG_6814.jpg

周辺の案内図

オレンジのルートは歩行ルート、緑は登山ルート、グレーはバスのルート。

しばらくはオレンジのルートで奥へと進みます。

初日のテント場である目的地への涸沢までは6時間チョット、約16kmの道のりです。

高低差は約900mと少ないですが…

嫁さん13kg、息子13kg、ボク23kgのザックを背負っているので、結構キツイです^^;










IMG_6815.jpg

上高地の有名スポット【河童橋】 バスターミナルから歩いて5分くらいです。

雲がなければ橋の向こうに雄大な穂高連峰が見えるのですが、残念ながらガスの中です。

ココらは登山者よりも観光客の方が目立ちますね~。










IMG_6818.jpg

河童橋から梓川上流を望む

目的地方面もガスで覆われておりますが、景色を見る事ができるでしょうか…










IMG_6819.jpg

小梨平キャンプ場を通過。

バスターミナルから10分程なので、バックパックのキャンプ練習には丁度良いんじゃ(^^)

トイレも水も無料。










IMG_6822.jpg

雨も降ったり止んだりですが、止み間は元気に進めます(笑)

降ってる時はうつむき加減で写真撮る元気もありません。。。










IMG_6823.jpg

木々の間から姿を見せる明神岳(5峰2726m)

山頂は雲の上でございます。










IMG_6824.jpg

明神館に到着。雨も本降りになってます。

ココまでのコースタイムは1時間なのですが、すでに20分オーバー(笑)

ザックカバー付けたり、レインウェアの下を着用したり、何かと時間かかってます。

足取りも重いですしね(笑)








それから1時間チョットで徳沢に到着。ココで少し腰を降ろして食事をとりました。

カットしたフランスパンにベーコン、チーズ、マヨネーズを乗せてサンドします。

うまし!!!

IMG_6825.jpg

少し休憩して横尾方面に向かいます。

ココまでの距離6km、次の中継地点の横尾まで4.9km。










IMG_4864_20120817144233.jpg

雨は降り始めだからなのか?水は濁りも無くキレイ(〃▽〃)

水は青々として超キレイですが・・・空はどんよりです( ゚Д゚)・∵. グフッ!!








雨も本降りが続き、モチベーションが下がる嫁さん&息子。

涸沢まで頑張るか、横尾で幕営して休憩するか聞いた所…

休みたいと言うので本日のトレッキングは横尾まで。

無理して連れて行く事ほど愚かな事はありません。山では安全第一。










タイミング良く雨の止み間に設営できたけど、すぐに雨が降ってきて雨宿り。。。

IMG_6828.jpg

明神館に到着する前から携帯は圏外だったので、情報が入りません。

酷くなるのか回復するのか、最終確認した天気では翌朝に少し雨が降る程度でした。









IMG_6831.jpg

とりあえず温かい物を食べようと、無洗米3合を炊きます。

ユニフレームのライスクッカーミニDX(フタはツアラープラスの物)

吹きこぼれで汚れる事ないし、炊き加減もフタ&音で簡単に分かりますし、ホント優秀です。









IMG_6833.jpg

昼食はアマノフーズ、フリーズドライの親子丼。

熱湯で30秒戻すだけで親子丼の具が出来あがります。

軽いし美味しいし簡単だしアマノフーズ様々です(笑)

気圧の変化で膨れ上がっております。









IMG_6832.jpg

んまい!!!










IMG_6827.jpg

ご飯食べて休憩してる間に、雨の止み間もあったので、

横尾山荘にテント泊の受付をしに行きました。1人1泊500円。


横尾山荘は1泊2食付き9500円。お弁当1000円。

お風呂に入れるのが有難いですね~。環境保護の為、シャンプー・石鹸使えませんが^^;


携帯は圏外ですがテレカ専用の公衆電話あり。今時テレカ持ってる人居てるんかな?(笑)

多分、山荘で売ってると思いますが確認はしてません。










IMG_6837.jpg

横尾山荘の前にある横尾大橋。この橋を渡ると涸沢方面へと続きます。

橋の向こうに見えるのは屏風岩(びょうぶいわ)国内最大級の岩って事は、山ではないのかな^^;

クライマー憧れの聖地だとか…










IMG_6838.jpg

遭難や事故の可能性もありますので、注意書きは守りましょう。

クマも出るみたいだし危険です^^;










IMG_6839.jpg

横尾大橋から上流を望む

一番奥に見える山は、ボクと同じ名字みたい(笑)










IMG_6840.jpg

横尾大橋から下流を望む

右手のパノラマコースの稜線も雲の中。

展望の良いコースも、この天候では視界ナシですな。。。










IMG_6842.jpg

横尾の分岐点

橋を渡れば涸沢方面、橋を渡らずそのまま進めば槍ヶ岳方面。

上高地からは11km。あと同じ距離を歩けば槍ヶ岳…距離だけ考えればね(笑)

どちらに進むにしてもココからが本格的な登りになるので、時間もかかってきます。


観光客も天候と帰りの時間も考えれば、このあたりまでは普通に歩いて来れます。

この日は天候も天候なので登山者しか居ませんでしたけどね^^;










IMG_6843.jpg

トイレはチップ制、特殊な処理をしているので、維持費の協力に100円程度のチップを。

テント泊者はテン泊代にチップが含まれていますので、そのままご利用下さいとの事でした。

電気はソーラーパネルで意外とハイテク(笑)キレイに掃除されてます。


水も使いたい放題で、1ヶ所は常時流水してました。

止めたら水が出なくなるのかな? 貴重な飲み水が制限ナシで使えるのは有難い事です。









IMG_6844.jpg

写真の右下が本日の我が家。

コールマンのツーリングテントSTですが、70デニールの糸を利用してるので強くて丈夫。

その分、少し重くなりますが、ポールをFRPからジュラルミンに変更してるので軽量化もバッチリ。

耐水圧も1500mmあり、前室が広いのが一番のお気に入りポイントです。


雨水が流れてこないように、なるべく傾斜の高い場所に設営します。

その夜、傾斜とかの問題じゃなくなるのですが・・・それは後程(笑)









IMG_6841.jpg

横尾をベースに動く人も居てるので、お盆休みも重なって結構な幕の数です。










IMG_6847.jpg

涸沢に行けば残雪があるので、ビールは常温で持ってきたのですが…

冷やすモノがないので、ぬるいビールで1杯やります(笑)


って言うか2~3泊くらいするつもりだったので、嫁さんの分と合わせて6本担いできたんですけど。

それだけで2kgオーバーです(笑) 我が家の軽量化は難しい課題だ。。。









IMG_6849.jpg

あっと言う間に時間も経過し、辺りは闇に覆われていきます。

19時頃でこの暗さ・・・山の夜は早いのです。


ぬるいビールとパックの梅酒でホロ酔いになり(どんだけ酒持って来てるねん!)

徹夜で運転してココまで歩いてきた事もあり、早めの就寝となりました。












夜中の1時頃・・・

テントを叩く雨粒の音で目を覚ます。結構な雨が降っているようだ。

気温はテント内18℃、外で15℃台とそれほど寒くもないけど、少し雨の量が気になる。

かと言って大雨の闇の中で何かできるワケでもなく、再度仮眠する事にしました。





それから2~3時間、隣のテントの人の話し声で目を覚ますと…

インナーテントのフロアが、ブヨブヨとしててウォーターベッドのようになってるじゃないか!

ファスナーを開けて前室を確かめてみると、5~6cmくらい水が溜まってイロイロと水没している!


ガスカートリッジは浮いてるし、ストーブは水没、ザックもビショビショ。

箸は流れていったのか、一つ見当たらない エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?


靴は袋に入れてたので助かりましたが、ザックに入れてた家のコンデジは死亡( ゚Д゚)・∵. グフッ!!

三脚立てて浮かしていたデジイチは大丈夫でしたが、サブのG10は制動がおかしい…


このままでは雨水がオーバーフローして、テントのフロアまで水浸しになるのではないか!?

このまま待ってシュラフや服まで濡れてしまうと、もはや遭難と同じなので撤収する事にしました。



山荘の近くに夏季は閉鎖されてる避難小屋があるのですが、雨を凌げる軒先があるので、

まずは息子にシュラフを持たせて退避させました。

携帯用の折りたたみ傘を持っていたので、非常に役立った。


それでも傘では限界があり、体が濡れると体温を奪われるのでレインウェアを着込む。

嫁さんがテントでイロイロと袋に詰め込み、ボクが避難小屋まで運び出す。


幸い、緊迫するほど手遅れな状況ではなかったので、ゆっくり確実に行動する事ができた。

暗闇でヘッドランプを点け、素足のサンダルで水に浸かっての作業はチョット辛かったけど^^;


片付けている間に時間も経過し、4時を過ぎた頃から明るくなってきて…

ココまでくると少し安心できましたε-(´∀`*)ホッ


携帯の電波が入らないので、天気予報もニュースも見る事はできませんでしたが…

下山してから知ったのですが、この日は各地で凄い被害が出ていたようです。









とりあえず、お湯を沸かして温かいスープ類を頂きながら、慌てて運び出した荷物を片付ける。

こんなビショビショで撤収作業なんてした事なかったので、ある意味スキルアップできたでしょう(笑)


この先どうするか家族に聞いた所、『行く!』と言う返事が返ってくるワケもなく(笑)

片付け終わったら下山するする事になりました。こんな目に遭ってたら当たり前か^^;


カメラの調子もおかしくなって、写真撮る余裕もありませんでしたが…

最後に、水を含んで重たくなったテントを片付け、上高地へ向かって出発するのでありました。






続く・・・
関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

tag : 上高地 明神 徳沢 横尾 涸沢

コメントの投稿

非公開コメント

さくたろうさん

年配の方でもガンガン登っておられて勝てませんね^^;
普段からトレーニングしないと…って思い知らされました(笑)

リンク貼らせて頂きました(^^)
今後とも宜しくお願いします♪

No title

北アルプスですか。
体が動くうちに、一度行ってみます。(笑)

リンク貼ってもらえるんですか!?
光栄です。宜しくお願いします。m(__)m

さくたろうさん

去年から始めた登山なのですが、世界観変わりましたね(*´▽`*)
かと言っても百名山とか色々興味があるワケじゃなく北アルプスにどっぷりなんですけどね(^^)
ロープウェイ利用したりとか意外とイージーに登れて景色が最高な所もありますので、
奥さんと一緒に是非行ってみて下さい(^_^)ノ

リンクありがとうございます(^^)
差し支えなければコチラも貼らせて頂きます(^_^)ノ

No title

なかさん、こんばんは。
家族で登山、またえらい事してはるんですね~(笑)

あ、いやなんか羨ましいです。
私は、六甲の風吹き岩のハイキングくらいしかした事ありませんので、
本格的な登山は未だあこがれです。
是非家族で、行くとこまでいっちゃって下さい。\(^o^)/

リンクフリーとあったので、貼らせていただきました。m(__)m

りょうさん

お久しぶりです(^^)
りょうさんも登山しはるんですか?

バックパックメインだったら徳沢で幕営でも良かったのですが…
涸沢ベースに奥穂、北穂に行きたかったので進めるだけ進みました^^;

槍沢まで一気ですか^^;
家族連れテン泊装備じゃ無理ですね(笑)

早くリベンジしたくてウズウズしてます^^;

No title

お疲れ様です。

横尾でテント張るよりも徳沢のほうが静かで雰囲気いいですよ(笑)
元気だったら一気に槍沢ロッジまで一気に行きたいですね(爆)
あ、槍?穂高?

zusyanさん

何を始めるにしても最初はお金かかりますね~^^;
でも釣りよりは全然マシですよ(^^)

ボクなんか釣りに写真にキャンプに登山まで始めちゃって…
一体いくらあれば満足にできるのだー!って感じです^^;

やっぱ世の中お金と時間ですね(笑)

スマさん

いやぁ~^^;
経験不足なもんでチョットしたアクシデントが大ごとになります(笑)

熟練された登山家さん達は、こんなの当たり前なんでしょうけどね^^;
もっともっとスキルアップして、チョットやそっとじゃ動じないスキルを身に付けたいです。

しかしこの大雨は凄かったですね^^;
京滋バイパスが土砂崩れで通行止めになってたので、名神高速モロに渋滞してました。
サービスエリアでゆっくり休憩してましたけどね(笑)

シローラモさん

高知へは友人が行ってましたが、最終日は雨で釣りにならなかったとか…
どちらにしても14日はドコ行ってもダメでしたね(笑)

コンデジは乾燥したら復活しました!
ラッキーε-(´∀`*)ホッ

でも電源入れる度に日付設定画面になったり…
写真は撮れますが壊れてますわ^^;

No title

山も魅力的ですね~(^^♪
お金もかかりそうですが・・・

この頃の雨や雷にはビックリします。

キャンプについても非常に勉強になります!!
続きが気になるところです(^^ゞ

No title

うわー大変だったんですね。
でも書かれているようにこれからのアウトドア人生で貴重な経験だったかもしれませんね。
この大雨で僕の実家は床下浸水で大変でした^^;
近所の地下駐車場は上まで冠水して入庫してた車が30台ほど完全に水没してしまったようです(T_T)
続きあるんですかね。
楽しみにしております。

No title

あちゃー色々大変でしたね

やはり高知行きが正解だったのかもw


でも釣りも山も天気次第なとこ多々ありますからね

コンデジ水没。。。 つらいですね

sana-papaさん

あらっ14日から来てはったんですね(^^)
sana-papaさんの顔は知りませんが、お嬢さんの顔見たら気付くと思うのですが…
どこですれ違ったんでしょうね^^;

14日も通り雨に遭いながら下山してきましたが、翌日からは天候も良かったみたいですね(^^)
息子のクラブの試合で16日には帰っておかないといけなかったのでタイミング良く行けませんでした^^;
紅葉シーズンにリベンジするかな(笑)

にゃりさん

テントの中は大丈夫ですよ(^^)
前室にあった物が水没してたのです^^;

いきなり大変な体験したら後々面倒になるので、少しずつ鍛えないといけませんね(^^)
にゃりさんの奥さんも(笑)

ストイックな分、オートキャンプより楽しいですよ( ´艸`)

No title

こんばんは~!


…ってことは14日の朝に撤収でしたか?

乗鞍行のバスは朝から運休、上高地行も一時止まってましたね~。

そう、我が家は14日に…どこですれ違ったのかなぁ?

もちろん、なかさんの雪辱は果たしてきましたヨン♪

テントの中が水没ってなかなかハードな経験ですね(^^;
しかしアクシデントほどスキルアップするイベントはなかなかないですよね(^-^;
自然とはいえこの記事嫁に見せたら引かれそうです(爆)

SEIJIさん

撤収の状況、シンクロして頂けましたか!
SEIJIさんもスキルアップですね(笑)

オートキャンプ含めても、雨天の撤収は初めてだったので、
何かと面倒な部分もたくさんありました^^;

次は雨で撤収になっても・・・
って雨天撤収はもうイイです(笑)

9月、10月もカレンダーでは連休ありますが…
仕事がうまい事休み合えばドコか行きたいと思います(^^)

シャロー好きさん

突風に飛ばされたんですか^^;
そっちの方が怖いですよ(笑)

防水のカメラも水濡れだけで考えればイイんですが…
機密性が高い分、レンズの暗さが違いますしね^^;

写メでも気にならない性格になれたらイイんですが(笑)


ご主人と水没したデジイチって・・・
ハマったんですか(爆)

ぴょんたんさん

いやぁ~強行突破したんですが、返り討ちに遭いました(笑)
涸沢と言うか奥穂が目的だったんですけどね^^;
途中までも行けませんでした( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

ぴょんたんさんもカメラ逝っちゃったんですか^^;
雨だけでなく結露、湿気、精密機械には厳しい環境ですよね。。。

懲りずにまたチャレンジします゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚

デップさん

コチラと比べたら全然温度が違いますね^^;
涼しくて快適と思いきや、雨の影響で寒かったです。
蒸し暑いよりマシですけどね^^;

オートキャンプは最近ご無沙汰ですね。。。
我が家も休み1日、乾燥・片付けで潰れました^^;

サキマンさん

中学2年の育ち盛りですからね^^;
少し期間が開けばお兄ちゃんなってますよー(笑)

No title

お疲れ様でした。
いやー、真夜中大雨での撤収、目に浮かぶようでハラハラしながら読みました。
自分がそういう状況に陥ったらどう対処しようかと想像しながら読ませて頂きました。

次の山行き(秋ですかね?)ではカラッと晴れてくれることを祈っています!
なにはともあれ、中さん、奥さん、息子さん、お疲れ様でした。
続きも楽しみにしています!

No title

おはようございます。

 う~ん先ずはお疲れ様でした。

テント泊での水没は経験ないですね~。
 学生の頃突風で飛ばされた事はありますが・・・  :苦笑

 最近のカメラは精密電子機器なんで水には弱いですよね。
 我が家にもご主人と水没したデジイチがあります。
 機械式のカメラなら復旧の可能性があるんですがね~。

 ・・・続きが気になります。
 

No title

どうされたのかな~と気になっておりました。

そういえば、我が家のコンデジもひとつダメになっちゃいましたー><
まぁ、雨の中で使ったので仕方ないですね。

また、涸沢にチャレンジしてください♪

No title

お疲れ様でした。
気温が15℃台だと濡れたらめっちゃ寒くなってくるんじゃないですか?
やっぱり山はいろいろあるんですね〜
オートキャンプなら車に避難すれば安心。。。みたいな感じですが(^0^;)

因みにあの大雨で我が家の耐水圧1200mmのスクリーンタープは耐えられず
雨漏りしてきました!!!!!

まいどでございます!山の天気怖いですね、、、しかし お子さん身長伸びました⁇(笑)
My PHOTO

PHOTOHITOブログパーツ

プロフィール

なか

Author:なか

釣り、写真、
登山、キャンプ・・・

好きな時に好きな事を。


Supported by

ヤマリア

バリバス


以前のブログはコチラ
【F-style】


ブログ内の画像、文章を無断で転載・使用する事はご遠慮下さい。

リンクはフリーです。

カテゴリ
花 (4)
Twitter
TweetsWind
Real Tide
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ご訪問者の足跡♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。