スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涸沢カール The 2nd day!

2012年10月6日~8日の3連休、北アルプス涸沢カールの紅葉を見に行ってきました。

本日は2012年10月7日(日)のレポートです(^^)


初日のレポはコチラ【涸沢カールで会いましょう♪】


テント村の夜景を撮影でき、幻想的な風景を見る事ができて満足に終了した初日。

2日目は穂高連峰の主峰…

日本で第3位の標高を誇る、奥穂高岳3190mに登頂してやろうと目論んでおりました(`・ω・´)


夜半、降り続いてた雨も心配だったのですが、朝起きて前室のフライをめくってみてビックリ。。。

IMG_7010.jpg

冠雪しとるがな( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

雪なのか!?凍っているのか!? アイゼンは必要なのか!?!?

そんなの関係ありません。


無理ですから(笑)


そんな感じで出鼻をくじかれた2日目ですが…

モルゲンロートに期待しながら様子を見る事にしました(^^)






しばらく時間が経過すると徐々にガスが取れ始め、少し光が差してきました。

IMG_7012.jpg

穂高連峰一面を朝日が照らす、壮大なモルゲンロート(〃▽〃)

少し空に青い部分も見え始め、みんな期待しながら見守ります。



IMG_7014.jpg

カメラマンの方々もスタンバイOK(笑)

前記事のテント村の夜景は、ボクもこの岩の上から撮りました(^^)



IMG_7017.jpg

徐々に色付く山肌を見ていると、昨日からはぐれていたSEIJIさんの姿が(〃▽〃)

おぉー!SEIJIさん!お元気でしたか(ノД`)シクシク(笑)


みんな表に出てるタイミングで探してくれていたみたいです。

ドコモならかろうじて電波が届くピンスポットの岩がいくつかあるのですが…
(行った事ある人は分かると思いますがw)

他のキャリアはほぼ繋がらないんですよね^^;


電波探してウロウロしたり、携帯振り回したり状態です(笑)


奇跡的に再開できたSEIJIさんとモルゲンロート観賞です(^^)

IMG_7018.jpg

涸沢小屋にも朝日が差し掛かってきました。 うーんキレイ(〃▽〃)

昨日は青空が全くありませんでしたが…

雲は多いものの、本日は朝日と青空がお目見えしました(^^)

IMG_7019.jpg

陽が昇るにつれてオレンジ色が薄くなっていきますが…

モルゲンロートの紅葉、しっかり頂く事ができました!

もう少し雲が取れてくれてたら満点だったんですけどね(^^)

IMG_7020.jpg

でも雪をかぶって雲をまとった日本アルプスの風景も、凄くイイ!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

本当にカッコイイです。


でもココを登るのは我が家には無理だな~^^;

奥穂に向かうには『ザイテングラート』と言う難所を越えて行かなければなりません。

IMG_7022.jpg

晴れてたら大丈夫と思うのですが、雨や雪では岩も滑りやすく危険なのでパス!

山は逃げませんので、またの機会にしましょう^^





再開できたSEIJIさんと、涸沢ヒュッテで温かいモノを(〃艸〃)

IMG_7029.jpg

涸沢と言えば名物の『おでん』 紅葉とモルゲンロートとテント村とおでん。

名物を総まとめにした構図に挑みましたが、いまいちパッ!としませんでした(笑)

もうこんなにガスがかってるし^^;




翌日、仕事があるSEIJIさんは、この日に下山し、奈良まで帰宅しないといけません。

AM9時前にパノラマコースで下山して行きました。

お疲れ様でした(^^) 今度はソロ同士でドコか行きましょう!






さて、テントに戻る前にトイレに行っておこうかと思うのですが…

IMG_7035.jpg

この時期トイレ渋滞が凄いのです^^; 待ち時間30分とか普通にかかります。。。

空いてる時を見計らって、我慢できなくなる前にマメに済ませておきましょう!


ヒュッテ側のトイレは列が2列あって、トイレの中でヒュッテの方が誘導してくれます(^^)

なので、並んでても意外と早く順番回ってきます。


涸沢小屋のトイレは、並んでる人数は少ないのですが、トイレの数も少ないです^^;

5人~10人並んでたらヒュッテ側の方が早いかな?と思いました。


トイレ情報でした(笑)





IMG_7038.jpg

ガスもだんだん濃くなってきて…登頂も無理そうだし涸沢散策♪

ガスってても紅葉はキレイです(^^)





IMG_7048.jpg

【涸沢テント受付場】

涸沢ヒュッテ、涸沢小屋のちょうど真ん中あたりにあります。

テントの受付はヒュッテや小屋ではなく、全てココで受け付けます。


大人1泊500円 小人300円(小学生以下)

写真右下に写ってますが、ベニヤ板(コンパネ) 銀ロールマットの貸し出しもあります。
(各1泊500円)

岩ボコの場所しか空いてなかったら、寝るの痛いですもんね^^;

IMG_7049.jpg

でも、この時期たいがい全部貸し出し中になってて、なかなか借りれないみたいです。

担いで来れませんしね(笑)


今までこの野営場を使ってきた方々が、少しずつキレイに整地してきたんでしょうね。

ボクもより快適に過ごせるように自分が使ったテン場を均してきました(^^)

IMG_7050.jpg





散策しているとガスも抜けはじめ、青空も見えてきました(^^)

奥穂の山頂もハッキリクッキリ!

IMG_7057.jpg

山肌もお陽さんに照らされ、気温も上がってきたせいか雪も溶けたようで・・・

これなら奥穂も行けるかも!?


家族に『行くぞっ(`・ω・´)シャキーン!』と伝え、早速準備開始!

水や簡単な食材を一つのザックに詰め込み、念のためレインウェアを着込んで出発!








30分後・・・








IMG_4938.jpg

少し登った所でまたこの天気( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

ホントに山の天気はコロコロと変わります。。。





まぁ、また雲の切れ目に入るかも知らんし(^^)

ボチボチ登って行きましょう!

IMG_4942_20121018165636.jpg

最初はこのようなガレ場をひたすら登っていきます。

歩く所はキレイに石が並べられているので、この時点では歩きにくい事はありません。





IMG_4943_20121018172216.jpg

右にも左にも真っ赤なナナカマドの紅葉(〃▽〃)

『涸沢が燃えている』と言われる由縁です。







振り返ると国内最大級の岩場とされる【屏風岩】が正面にあります。

ロッククライマーの聖地のようで、垂直に切り立った断崖とか多々あるようです^^;


歩いてた登山者が屏風岩を見ながら『今日は誰も登ってないなぁ』と言ってました。

普段、登ってる姿が見れるのかな???

IMG_4944.jpg

パノラマコースから屏風の耳、屏風の頭(難所)に行けるのですが…

この屏風岩からは穂高連峰の全容があの高度から見れる最高のビュースポットになっております(^^)





IMG_4945.jpg

ひたすらハーハー(;゚∀゚)=3頑張って登り続けると、ザイテングラートが目前に迫ってきました。


その時!

空が騒々しくなってきたと思ったら、突然ヘリが現れました。

IMG_4946_20121018172215.jpg

後から聞いた話、北穂高岳~涸沢岳を縦走されてる方が、50mほど滑落した模様。。。

早朝の冠雪で、奥穂の山頂方面も規制がかかって、涸沢~北穂の縦走にはアイゼン必須。

一般登山者の縦走は控えるように山岳警備隊からお達しが出ていたらしいです。

IMG_4948.jpg

しばらくホバリングした後、ワイヤーウインチで吊り込まれておりました。

この様子を見ていた我が家にも緊張が走ります。

少しでも厳しい状況なら、無理をせず引き返そうと再確認しました。







ザイテングラートに近づくと、遠くから見るよりも迫力が増してきます。

IMG_4953_20121018172215.jpg

『ザイテングラート』とはドイツ語で『岩稜』を意味する言葉なのですが…

この奥穂高岳や他にも何ヶ所か固有名詞として定着してるみたいです。







ザイテングラート取り付き部

この左側よりザイテングラートに登って行きます。

IMG_4954.jpg

写真では小さく見えて、全然たいした事ないように思えますが…

ポツポツと登山者が写ってるのが解るかな???

さぁ!ザイテングラートに挑戦だ(`・ω・´)シャキーン











数分後・・・

IMG_4958_20121018184929.jpg

なかなかしんどくて、まだまだ終わらないザイテンに、テンション下がる嫁の図。

ひたすら登るのってやっぱしんどいねー!!(笑)


昨日も16km歩いて登って、今日も…

普段、歩いたり走ったり体力作りしていない我が家には凄く堪えます(笑)

IMG_4960_20121018184928.jpg

上を見るとTHEガスワールドやし(笑)

頑張った後のご褒美、達成感がまだ見えないもんね^^;


山に登る人は、人それぞれ色んな目的があると思います。

一つでも多くのピークを踏みたい人、長い距離を縦走したい人、

登頂して達成感を味わいたい人、それを仲間と共有したい人・・・


ボクは登頂して景色を写真に収めたい人(笑)

なのでガスワールドに向かって進むのはモチベーションが維持できません( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

IMG_4961.jpg

でも家族で登頂できたら良い想い出になるので、休憩を繰り返しながら頑張ります!


で、ザイテングラートの中でも難所と言われる場所。

IMG_4965.jpg

クサリ場が2ヶ所と、ハシゴが1ヶ所だったかな?


振り返れば高度感があるので、恐怖感も出てくるかと思いますが…

クサリ、ハシゴ自体はそんなに難易度の高い物ではないと思います。

ココまで来れる運動能力のある人は、普通に越えれると思います(^^)


しかし昨年も奥穂で落石に遭って亡くなられている方も居ます。

今回も途中で2回落石を見ましたが、凄かった^^;


ガコンッ!パンッ!!って鈍い音を響き渡らせ、粉塵をあげながら転がり落ちる岩・・・

あんなん上から転がってきたら、足がすくんで咄嗟に交わせませんよ((((;゚Д゚))))


目印から外れて違うルートに進めば、不安定な浮いてる石とかたくさんあります。

小さい落石が大きい落石を起こすので、小さな石にも気を付けないといけません。


間違って進みそうな所も多々あるので、足元・目印には十分注意して進みましょう!






IMG_4972.jpg

まだかなぁ…まだかなぁ…と思いながら現れた『小屋まで20分』の標。

コレ見ると少し安心感も出てきて嬉しくなってきます(^^)






やっとザイテングラートの岩場を抜けると、足元がガレ場に変わりました。

IMG_4974.jpg

涸沢のテン場がはるか下の方にちっちゃく見えます。

テント一つ一つがマーブルチョコみたいですな(笑)




そこからもう少し頑張ると、やっと見えてきました!

IMG_4973.jpg


12:23分

IMG_4975.jpg

無事に穂高岳山荘に到着しました(^^)

ココから奥穂高岳の山頂まで、平均コースタイムでは50分の岩登りが続きます。


空は相変わらず真っ白ですが、今の所ガスはかかってない様子…

山頂アタックされる方も数名見受けられます。


さて、我が家の奥穂山頂アタックは如何に!?





続く・・・
関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

tag : 涸沢カール 紅葉 奥穂高岳 涸沢ヒュッテ

コメントの投稿

非公開コメント

デップさん

なかなか良い所で続くになるでしょー(笑)
これでも夜勤始まるギリギリまで頑張って書いてたんですよ^^;

小学校低学年くらいのお子さん達も結構居てますよ(^^)
敷居が高いように思いますが、意外と行けるもんです。

デップさんファミリーも是非登山やってみて下さい!
ほんとイイですよ(*´Д`*)

No title

すごい良いところで「続く」になってるじゃないですかーーーー!
ほんとに綺麗な写真ですね!
でも、実物がすごく見たくなってきました!
そして、なんかおかしいかもしれませんが、
ブログ見ながらクンクンしてしまうんです(^0^;)

草のにおい、岩のにおい、ガスのにおいを嗅ぎたくなった来ました!

続きが凄く楽しみです(^-^)/

SEIJIさん

お疲れ様でした(^^)

二日目以降の景色も堪能して頂けましたか!
ホントは初日の夜にでも飲みながらイロイロ話したかったんですけどね(笑)

いやぁーザイテンの登りもキツかったですが、よく頑張ってくれました(^^)
SEIJIさんなら1日で穂高岳山荘OKですね!

翌朝は早朝から奥穂~西穂の縦走!
来年あたり企んでるかな(笑)

スマーフさん

一緒に登って頂けましたか(笑)
ありがとうございます(^^)

森林限界を越えた高度は生命感のない岩場のみです(^^)
大自然の迫力ありますよー!
スマさんも一度行ってみて下さい!マジで!

最終日の紅葉はホント凄かったですよ(〃▽〃)

10月の北アルプスは夕方に氷点下になる日も多々ありますよ(^^)
寒いですが、そんなに凍えるまではまだ体験してません(笑)

来年は息子の合格祈願で富士山かなー(笑)

No title

泣く泣くこの日の朝に下山しましたが、このなかさんのブログで2日目以降の景色も見れて自分も残った気分になれてます(^^)
奥さんも息子さんも穂高稜線までよく頑張らはりましたね。
3日目も楽しみにしてます(^^)

kurahokenさん

去年から登山初めて10月のアルプスは2回目…
去年は燕岳でしたが寒くて手が痛かった(><)

雪山は無理なので雪景色は見れないと思ってましたが…
冠雪と言う形でご褒美頂けました(^^)

初の涸沢で10年に一度の色付きと言われた紅葉と言い…
ホント最高でしたー(´;ω;`)

シャロー好きさん

お忙しい所、熟読して頂きありがとうございます(笑)
毎年GWとお盆休みは家族と遠出するのが恒例となってまして^^;

GWは車中泊で旅、お盆休みは登山に定着しつつあります。
今回はリベンジで無理矢理時間作りましたけどね^^;

シャローさんも登山どうです?
北アルプス最高ですよ(〃▽〃)

シャローさんもカメラマンなので冒険野郎の血がうずくでしょー(^皿^)

りょう@淀川鱸さん

ありがとうございます(^^)
嫁が聞いたら喜ぶと思います(笑)

ナナカマドはホント綺麗でした。
最終日の晴天に穂高連峰をバックにしたナナカマドはホントにもう(〃▽〃)

頑張って続き書きます^^;;;;

sana-papaさん

露出補正は大丈夫ですよ(^^)

オートですから(笑)


冠雪してたので無理と思ってましたが…
時間経つと雪も取れたので山荘まで行ってきました(^^)

それがこの後ガスヲぶりを発揮致しまして^^;;;;;
ガスヲと言うよりアメヲ???(笑)

それより岩場をガッツリ登るの楽しいですよね(* ̄∇ ̄*)
西穂なんてうってつけじゃないですか…

ボクも最初がアレだったのでバッチリはまってしまいました^^;
基本、岩のある山ばかりです(笑)

Messiahさん

ありがとうございます(^^)

書き込むのに結構時間かかってるんですよー^^;
詳しい情報を求める人も多々居られますので一生懸命書いてます!
必要なければ流し読みしてくれたらイイですしね(笑)

> この日は、20~30分だけ奇跡の青空が広がりましたよねー
> 僕はちょうどその頃、ザイテンに向けナナカマドの群生手前を登っているところで、
> 有り得ないほど美しい景色のご褒美を貰いました^^

20~30分の奇跡のタイミングですね!
あの時間帯に山頂に居れたら良かったんですが…
まだ雪が解けてない時に登らないと我が家の足じゃ間に合いませんでしたもんね^^;
残念!

でも、そのおかげで下からは素晴らしい景色が見れたのでヨシとします(^^)

ボクは一人だとイケイケになってしまうので、逆に家族と一緒の方が良いのかも…
多分、無理して怪我するタイプです(笑)
なので景色を楽しみながらゆっくり歩くのがイイですね♪
写真撮りながらだとどうしても足取りが遅くなりますが^^;

写真の量があり過ぎて、あと2~3回に分けて書かないといけないかな(;´Д`)
早く書きたいのですが仕事も忙しくて( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

今しばらくお付き合い下さいませm(__)m

zusyanさん

ちょうどこの日が初冠雪だったようで(^^)
良いタイミングで行けました♪登るのは無理ですけどね^^;

山岳テントは色とりどり♪
コンパクトで性能も凝縮されてます(^^)
その分、値段もお高いですけどね^^;

そんなテントのフロアに石で穴開けるワケにいかないので・・・
下にイロイロ敷いたり整地したり大変ですよ(笑)

juncreativeさん

登った者しか見る事のできない景色。。。
ボクも去年までこんな世界があるのを知りませんでした(^^)

今ではめっきりハマッってしまってますが(笑)
juncreativeさんも登山どうですか?

息子の人生の中で、この苦労を越えた体験が活かされると良いのですが^^;
来年は富士山に行きたいとか申しております(笑)

ぴょんたんさん

そうなんです^^
ココまで来れたんで後は楽勝♪と思いきや…ナント!

ワシはホント雨オトコかぃな( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
みたいな^^;

テンション上がったり下がったり忙しいですが(笑)
また続きも頑張って書きます!

レポの賞味期限が^^;;;

No title

ハラハラドキドキたまりません。
半分登った気分ですw
山って岩があんなにゴロゴロしてるんですね。
コケただけでも大怪我しますね。

紅葉の写真もすばらしいですね。見事な青空と雲と赤のコントラストが美しい。
空気美味しいだろうなぁ・・・

この時期から凍ってしまうなんて・・・相当寒いんですね。
次は来シーズンですかね。登山記楽しみにしてます^^

わくわくします

10月初旬、穂高連峰は初冠雪の時期です。

僕も初冠雪を体験しています。

少し危なそうでもありますが、紅葉と白い峰々のコントラストはこの時期限定。

何とも言えません。

No title

こんばんわ~

 いや~、マジに読み入っちゃいました。
 (夜勤中なんですけどね   :爆)

 こんな素敵な時間をご家族と共有出来て良いですね~。
 流石に根性無しの我が家に無理なんで、出来る事からかな?

 しかし何処に行ってもカメラマンの方いらっしゃいますね。
 何時も思うのですが実はカメラマンが一番の冒険野郎じゃないかと・・・  :笑

 

No title

それにしてもほんとに綺麗ですね!ナナカマドも奥さんも(笑)。

No title

こんばんは~!


青空の早朝、冠雪した山々に見事な紅葉…露出補正に悩むシチュエーションでは?

朝起きて冠雪してたら登るには引いちゃいますよね。でも山荘までは登ったんだ…。
この様子なら山頂アタックもOKですよね♪

登る楽しみ~いろいろですけど私は写真、そして岩場をガッツリ登る楽しみかな?
…でもガスっていようと家族みんなで味わう達成感は何物にも代えがたいですネ~!

いや~~~

読み応えありますね~~~!

フォトは綺麗だし、文章は面白いし、顔文字が更に面白いし笑

この日は、20~30分だけ奇跡の青空が広がりましたよねー
僕はちょうどその頃、ザイテンに向けナナカマドの群生手前を登っているところで、
有り得ないほど美しい景色のご褒美を貰いました^^

僕が登る楽しみと言えば、絶景を眺めながらの稜線漫歩です^^
危険なとこも好きではないですし、雨はもとより曇りでさえも基本登りません。
昔は、テン泊重装備で、如何にCTを縮め、早く目的地に到着出来るか、
などという、タイムアタック的なストイックな登りもやってたのですが、
今は、のんびりと平和を感じながら、太陽と自然と健康に感謝しながら稜線を歩くのが好きなのですw
えぇ、もう精神的に見事な老人ですよ笑

そして何より、それを大切な家族と共有出来るなんて最高ですよね^^

続き楽しみですね~~~♪

No title

景色も秋から冬の変化のようで綺麗ですね(^^♪
テントもカラフルで綺麗です。
岩だらけなのでテントの下は岩だらけで、寝れたものではないと思っていたら
きれいにしてあったのですね(^^ゞ
写真をみて納得できました。

No title

私は、恥ずかしながらこんなに美しい風景を見たことはありません ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン! そして、ご子息様の目にはどう映ったのでしょうね。 将来が楽しみ (=^・・^=)v

No title

ここまできたら後はゆっくり登れるので余裕かな^^♪

それにしても紅葉はきれいだし、でも上はガスワールドだし。

テンションも上がったり下がったりですね(笑)
My PHOTO

PHOTOHITOブログパーツ

プロフィール

なか

Author:なか

釣り、写真、
登山、キャンプ・・・

好きな時に好きな事を。


Supported by

ヤマリア

バリバス


以前のブログはコチラ
【F-style】


ブログ内の画像、文章を無断で転載・使用する事はご遠慮下さい。

リンクはフリーです。

カテゴリ
花 (4)
Twitter
TweetsWind
Real Tide
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ご訪問者の足跡♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。